急な出費に便利なキャッシング

日々の暮らしの中でお金に困っていなくても、突然の大金が必要になる事態になってしまったら…すぐに用意できるでしょうか?出来る人もいれば、できない人もいる。普段から貯金をコツコツとしていれば問題はないのですが、あまり意識しないであるだけきれいに使っていたりすると厳しいですね。普段は余裕があっても、そうした急な事態に対応できなくなる人は意外と多く、特に働き始めた人や子供の養育費がかかっている時などは要注意です。

 

そんな急な出費の助けとなるのが、即日対応のキャッシングです。お金が急に必要になった、手持ちのお金がない…なんて時、すぐにお金を融資してもらうことができます。借りた分だけ金利がついてしまいますが、さっさと返済してしまえばそこまで大きな金額にはなりません。必要な時に必要なお金を貸してもらえる、即日融資といったスピーディーな融資、インターネットで申し込みから融資まですべてできる…といった手軽さからも、ここ近年では人気も高まってきています。

 

ただ、すぐに手軽に借りられるといっても、週末や規定時間外は注意。当日中に借りられない事もあります。ただ、大手の消費者金融の中では、週末や土日祝日も自動契約機で対応しているところもあります。自動契約機は店舗窓口よりも長く時間が空いており、朝は9時頃から、夜は10時ごろまで開いていたりするので、仕事帰りでも手続きをおこなうことができます。とはいえ、審査に通過して在籍確認がとれないとお金を借りることはできません。即日融資を希望するのであれば、こうした営業時間については確認しておかなくてはいけません。ちなみに、自動契約機でカードを受け取るとなると、自宅に後日、カードや契約書類が郵送されることはありません


まずは冷静に考える

急にお金が必要になると、どうしたらいいのかプチパニックに陥ってしまう人も。誰もが焦ってしまいますが、できるだけ冷静になるようにしなければいけません。お金の使い道や必要性について慎重に確認し、どこか我慢すれば捻出できるのかどうか、その支払いはお給料日の後でもいいのか…多方面から考えてみましょう。冷静になって考えてみると、意外と借りなくても乗り切れることもあるのです。

 

キャッシング会社としてはお金を借りてほしいものですが、返済ができないのでは困ってしまいます。利用者側としても、軽い気持ちで借りて返済できなかったら、それが信用情報に記録されてしまいます。そうなると、もしかしたら数年後にあるかもしれないお金の審査でとばっちりを食うかもしれないのです。


まずはシュミレーション

最近のキャッシングでは、即日融資だけでなく、来店不要といった事も当たり前になってきています。その影響は良い面もあれば悪い面もあり、後者では深く考えずに借りて借金を無駄に増やし、返済できずに自己破産してしまった…なんて最悪なケースも。2010年の貸金業法の改正により総量規制といった借入制限ができ、年収の3分の1しか借りられないとなっても、返済が苦しくて大変という人は減らないのですから、手軽に借りられるのも問題といえます。後悔しない為にも、キャッシングをする前には、今一度よく考えてから決めるようにしないといけないのです。

 

つまり、キャッシングの利用は計画的に。無計画のままで借りる事はしないようにします。手持ちのお金がなくなってしまったが為に必要最低限のお金をキャッシングするのは問題ありません。かかる利息は借りているお金や期間に対してですので、最低限必要なお金を借りて給料日に即返済してしまえば、利息もそこまでかからないものとなります。逆に、限度額いっぱいまで借りてしまうと、月々の分割返済も大きくなりますし、最終的な利息金額が増えてしまいます。必要な金額と、いくら借りていつまでに返済するのか…キャッシング前にしっかりとシュミレーションすることができれば、心強いサポート役になってくれます。


独自サービスが増えているので、下調べは必須

2010年に賃金法が改正されるまで、グレーゾーンといった金利時代がありました。規制がなかった分、キャッシング会社としては融資の勧めも比較的楽でした。ところが、総量規制によって貸し出しに厳しくボーダーラインが設定されてしまうと、なかなか積極的に融資を進めることができず、膨大な書類処理や手間が必要になるだけとなってしまったので、逆に融資を控えるようになりました。融資をできる人が限られるようになってしまっただけあって、その残った融資できる人…つまりは顧客の取り合いが激化する状態に。厳しい競争を生き抜くために、各クレジット会社で独自のサービスを進化させることに。初めての人に対して一定期間における金利ゼロは、そのサービスが進化したものともいえます。

 

今後はこうしたサービスがますます展開されていくこととなります。独自のサービスなだけあって、調べることでお得に借りられることもありますので、まずはキャッシングの利用においてはよく調べることが必要。そうすることで、急な出費といったピンチに上手に対応することができるのです。


更新履歴